ホーム » 広い視野を持つための休日の過ごし方

広い視野を持つための休日の過ごし方

エンジニアは、高い技術力を持つことで、新しい商品やサービスを開発したり、新技術を生み出すことができる。そのため、エンジニアたちは、自らの技術力に自身を持ち、常に勉強を欠かさない。しかしその技術力に対する強い思いが、時に偏りをもたらすこともある。技術力を高めることに執着してしまい、他の情報について不足しがちである。システムエンジニアの仕事では、情報技術開発の知識だけでは仕事は成り立たない。クライアントが必要とする業務システムなどを開発する際には、他の業種でどのような仕事が行われているかについて、理解が必要である。

対策方法の一つとして、システムエンジニアの休みの過ごし方では、あえて情報技術とは離れてみるのもきっかけである。勤務中は、どうしてもシステム開発の仕事や学習にとって集中しがちである。一方、休日の時間は普段とは打って変わって、別の取り組みへと時間を割り当てることで、技術以外の知識や経験を取り入れることに効果がある。情報技術に関連する以外の趣味を持ったり、旅行に出かける事も役に立つ。

また身の回りには、あまり情報技術に関するものをおかない事も有効である。手に届く場所にシステム開発に関わる勉強のための道具があると、つい手にとってしまいがちである。休みの時間は、別分野の新しいことを勉強んだり経験することを心がければ、広い視野をもったシステムエンジニアとして柔軟な仕事の対応力が身につく。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です