ホーム » 業種

カテゴリー別アーカイブ: 業種

橋渡し役のシステムエンジニアのスキル

情報通信の業種では、国際化が特に進んでいる。インターネットに代表される通信インフラを利用すれば、海外の開発会社との連携を取りやすい。オフショア開発が進み、日本のみならず海外とのビジネスの連携が盛んに行われるようになった。しかし、日本と海外の開発環境には大きな違いがあり、トラブルも起きやすい。そこで、橋渡しの役目を果たすブリッジSEの仕事が重要である。
日本と海外とを結ぶシステムエンジニアにとって必要なスキルとしては、語学力が重要な候補として挙げることができる。海外とのスタッフとの打ち合わせを行うためには、相手に通じる外国語を修得しておかなければならない。基本的な外国語としては英語がある。対象国の言葉もマスターしておくと、コミュニケーションがはかどる。

また、日本独自の情報通信の業種ならではの開発スタイルにこだわらないような、国際感覚も必要なスキルの一つである。海外の開発会社には独自の開発スタイルがあり、日本流の方法を押し付けてもうまくいかないケースが多い。こうした海外との開発スタイルとの差を埋めることもまた、ブリッジSEにとって必要な仕事である。日本では既に、多くのシステムエンジニアが開発業務のために活動している。さらに新たな活躍の場を求めて、ブリッジSEとしての道が選べる。その仕事にとって必要な語学力や国際感覚のスキル磨いておけば、いずれブリッジSEになるチャンスが訪れる。